オーストラリア渡航にはETAS取得が必要

実はアメリカ同様、オーストラリアに渡航する場合はETASが必要となります。

日本のパスポートを持っていれば、ほとんどの国ではビザ取得は必要なく免除をされています。しかしその中でも例外はあり、日本の人が海外旅行へ行く場合、有名な訪問国でビザが必要な国に「アメリカ」、そして今回渡航をする「オーストラリア」があります。

オーストラリア渡航の場合、観光であっても、その期間が短期であってもビザの習得が必要となりますので、観光ビザの手配が必要です。

エアーズロック

オーストラリアビザの取得ですが、大使館などに出向いたり、面倒な手続きは必要ありません。3ヶ月以内の滞在であれば「ETAS」(イータス)と呼ばれる、ネット上で簡単な手続で取得できる、「電子ビザ」を取得するだけです。

オーストラリア観光ビザ、ETASって?

オーストラリア観光ビザとなっているETAS(イータス)とは、「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略です。

略され「ETA」と呼ぶこともありますが、同じ意味となります。

取得しても何も送られてきません

通常ビザと言えば、スタンプやシールのたぐいが存在すると思いがちですが、アメリカ同様、オーストラリアのETASにも存在する何かはありません。

とりあえず、代行業者で取得をしてみましょう。

オーストラリア観光ビザの申請料金

オーストラリア観光ビザのETAS(イータス)の申請料金は無料です。オーストラリア政府移民局は、お金を取ることはしません。

ETAS

オーストラリア政府・移民局のウェブサイトから申請を行う場合、AU20ドルがかかります。

必要情報を入力、カードで20ドル支払えばOKです。

本来無料なのですが、こちらのオンラインシステム使用料として20ドルがかかるとのことです。

オンラインETAS登録代行業者へ依頼

私は去年、オーストラリアに渡航をしているので、去年申請をしたビザが現在でも有効です。

ただ、嫁さんはビザがないので、取得する必要があります。上記のウェブサイトより取得という方法もありますが、日にちに余裕があれば、数百円で取得をしてくれる代行業者があります。

上記のシステム料20ドルよりもはるかに安い取得費用ですが・・・ほんとうに大丈夫か心配です。

しかし、私も嫁さんも上記の中で一番取得費用が安いJEC(Japan ETAS Center)さんにお願いをしました。390円か・・・

しかも、サイトのドメインがFC2ドメイン・・・

嫁さんに上記のURLを教え、取得をしました。

去年のオレの時と同様、きちんと取得完了をして、すぐに連絡がきました。

皆さんも安心して、ETAS取得代行業者さんに依頼して大丈夫です。

ただ、取得には日付に余裕がある法が安くなりますので、早めに取得をしましょう。

ちなみに取得完了をすると、業者さんから添付ファイルで取得完了の書類が送られてきます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク